2013年1月9日水曜日

もくもくAWS:AWS SDK for Androidを触ってみた(IdentityTVM編)

サンプル触ってブログ書くだけの仕事最終回。
IdentityTVMを利用したAWSアクセスデモアプリを触ってみます。

■参考にするスライドとか記事とか

作業手順は前回と同じですが、一応貼り付けておきます。

AWS SDK for Android and iOS
http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-sdk-for-android-and-ios

@ITスマホ×クラウド連載 第2回 AWS×Android:補足記事(2)Token Vending MachineとSecurity Token Service
http://dev.classmethod.jp/cloud/atmarkit_smartphone_cloud_02_supplement_02/

■IdentityTVMの公開サイト

以下のサイトでIdentityTVMとその設定方法が記載されているのでこのとおり進めます。

Token Vending Machine for Identity Registration - Sample Java Web Application
http://aws.amazon.com/code/7351543942956566

■TVMの用意

とにかく記事どおり、進めていく。

・TVM ZIPファイルのダウンロード
・TVM用のIAMユーザーを作成する
・AWS Elastic Beanstalkアプリケーションの作成
・Configureの設定
AnonymousTVMと違うのがここです。
PARAM1にさっき作成したアプリケーション名を設定します。
(※追記:と思ったけど、TVM側とAndroidアプリ側のアプリケーション名があっていればいいだけかも。)

image

・TVM Androidデモアプリケーションを実行する
ここも、AnonymousTVMとは異なり、アプリケーション名をAwsCredentials.propertiesに定義します。

  1: 
  2: # This is the App Name you may have provided in the AWS Elastic Beanstalk 
  3: # configuration.  It was the value provided for PARAM1.  If no value was 
  4: # provided it should be defaulted to "MyMobileAppName".
  5: appName=IdentityTVM
  6: 
  7: 

起動した画面が以下です。


起動~ブラウザー表示まで。


device-2013-01-09-230958device-2013-01-09-231044device-2013-01-09-231107


ユーザ登録~成功まで。


device-2013-01-09-231126device-2013-01-09-231236device-2013-01-09-231256


再度起動~再度ログイン操作まで


device-2013-01-09-230958device-2013-01-09-231101device-2013-01-09-231343


ログイン後、DB表示まで


device-2013-01-09-231409device-2013-01-09-231438


で、ユーザ登録されたSimpleDBのデータがこれ。


image


とりあえず動作確認完了です。


■とりあえずまとめ


これで、とりあえずはAndroidアプリからユーザ登録画面をブラウザ表示して、登録し終わったらそのユーザで認証できる仕組みの確認ができました。888.
実際アプリに使うには、SSLの設定、ユーザID衝突時の仕組みやら、まぁあれこれやることありそうですが。おいおいやっていきます。


Twitter認証連携で簡単にできないかなー。
メアドとか管理したくないんだよなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿