2011年11月12日土曜日

実況系クライアントっ、生存っ戦略ぅぅぅ!

本当はタイトルを「いまーじーん!きっと何者にもなれない実況系Twitterクライアントたちに告げる。生存戦略しましょうか?」なんて書こうと思ったのですが、あまりに煽りが酷過ぎるので自重しました。てへぺろ。

さて、「あにすと - アニメ番組表&ストリーミング - Android マーケット <https://market.android.com/details?id=com.miquniqu.animestreamfree>」をリリースしてから約1ヶ月たちましたが、ようやく90DLといったところで低迷しております。
前作よりはペースが速いのですけれど、まあ地道にアップデートしていきましょうかね。

今回は、そんな低迷アプリ作者が気になっている実況系Twitterクライアントの利用状況なんかを調査してみました。

「あにすと」は実況系というよりは実況再生系なので実況のしやすさよりは「アニメを見ながら読みやすい」あたりを狙ってます。そんなアプリの参考になる情報がないかなーって気持ちですね。

サンプルデータの取得方法

「あにすと」はTwitterStreamingAPIを利用して受信したツイートを、1分間に60ツイートに絞って記録再生するアプリです。人気番組の関連ツイートは軽く5000を超えてくるのでちょっと厳しいですね。なので、今回はこの絞り処理を取り除いたバージョンをお試しで作成して受信してみました。

ターゲットは、深夜にもかかわらず安定して高ツイート数をたたき出す「輪るピングドラム #18話」です。

受信結果がこちら。

device-2011-11-12-133759

8200件もあればサンプルとしては上々なんじゃないでしょうか。
(8230件とでてますが、実際には8200なので見逃してください。)

ちなみにこのツイートをXperia SO-01B(v2.1)で再生してみましたが、初期表示までで40秒かかっちゃいました。
分割読み込みやらDBスキーマの持ち方など改善方法はあると思いますが、ハード・OSの問題もあるし、そもそもアニメみながら5000件以上を見る人は稀というかアレだとおもいますので、今の1800件保存で十分なんじゃないかなーって思ってます。映画ぐらいの時間になるとx4で7200件になっちゃうので、それは何とかしなきゃなーとは思いますが。

そして、これをプログラムで統計とったりするのは面倒なので、いったんCSV吐き出しすることにしてみます。

CSV出力について参考したのは以下サイトです。感謝。

CSV出力サンプル http://androider.sblo.jp/article/41659926.html
SDCARDのアクセスサンプル http://techbooster.jpn.org/andriod/application/1126/ 

取得結果の分析

CSV出力結果をうまい具合に棒グラフにするツールないかなーと探したのですが、結局よくわからなかったので「Google Documents」のスプレッドシートにCSVデータを流し込んでExcel風に表計算させてみました。
Excel厨でごめんなさい。でもこれなかなか使いやすいですね。常用するには更新でいらいらしますが。

生データが見たい人はこちらからどうぞ
https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0Agy6je1r89t4dFBfVHV5QXJJOXVOcTF6QXV5WXpWYmc
※アカウント名が入っちゃってる点ご了承ください。(必要があれば削除しますのでご連絡を。)

総ツイート数    8200
ユニークユーザ数    855
ユニーククライアント数    84

抽出したらこんな感じになりました。
クライアント数が意外と多いですね。

ランキング結果発表!

まずはユーザ別のツイート数ランキングです。
投稿ユーザのアカウント単位で抽出したあと、アカウントの初回ツイートクライアントをまとめました。
一人で複数クライアント利用している可能性もありますのでその辺りはゆるめに見てください。

ユーザ別のツイート数ランキング

順位 ユーザの使用クライアント(初回抽出) User単位ツイート数
1 かたツイ 127
2 Tween 87
3 ぺろったー Perottr 83
4 かたツイ 80
5 Realtime love 67
6 幸せをもたらすといわれてる どこかでひっそり咲いている 65
7 Tween 65
8 SOICHA 58
9 Tween 55
10 Saezuri 51
11 Tween 48
12 モバツイ / www.movatwi.jp 47
13 ついっぷる/twipple 47
14 Mobile Web 47
15 Tween 47
16 Tween 46
17 ぺろったー Perottr 44
18 TweetDeck 44
19 ラーメン大陸 43
20 YoruFukurou 43
21 Tween 43
22 Twipple for Android 42
23 ツイタマ 42
24 Tween 40
25 ラーメン大陸 40

1分1ツイートをあっさり超えてくる精鋭ばかりですね。
私は実況せずに見てばっかりなので視聴スタイルが想像つきませんが、127ツイートの人は画面見れてるんでしょうかw
いや、単に「かたツイ」が実況アプリとしてすごすぎるのか。ちょっと使ってみたいところです。
「Tween」が上位独占かと思ってましたが、コレはすごいかも。
あと「Realtime love」は非スマフォ向けのアプリのはずですが、恐るべしです。

 

では次に、クライアント別の利用者数ランキングです。
アプリ作者としてはこっちのほうが気になりますね。

クライアント別の利用者ランキング

順位

クライアント

クライアント単位ユーザ数(初回抽出)

1 Tween 136
2 ついっぷる/twipple 87
3 web 79
4 twicca 43
5 YoruFukurou 36
6 Keitai Web 36
7 TweetDeck 35
8 Twitter for iPhone 34
9 ツイタマ 30
10 モバツイ / www.movatwi.jp 29
11 Echofon 24
12 Saezuri 23
13 ついっぷる for iPhone 22
14 SOICHA 21
15 yubitter 21
16 Janetter2 18
17 ラーメン大陸 11
18 P3:PeraPeraPrv 11
19 jigtwi 9
20 HootSuite 8
21 Twitter for Android 8
22 モバツイ / www.movatwi.jp . 7
23 あにらび!/ anilavi! 7
24 Twit for Windows 6
25 Twipple for Android 6
26 Twitter for Mac 6

わりと想定どおりでした。
有名どころがそのまま入ってきますね。
このランキングは実況命系よりは実況もするけど画面みたい系が多いんじゃないでしょうか。
ちょっと気になったところだけツイートしとくなど。
webが3位というのが利用者のライトさを感じます。

アニメ専門実況アプリ開発者としては、23位の「あにらび」や35位の「つぶあに」が気になります。
どう差別化していこうか~なんて。

では最後に、クライアント別の平均ツイート数ランキングです。
ユーザ別のツイート数ランキングは、言い換えると実況に命賭けているユーザのランキングになってしまいますので、クライアントの使いにくさみたいなものを覆してしまうかもしれません。
利用ユーザ数で平均とってみたら真の実況系クライアントがわかるんじゃないでしょうかってことです。
では見てみましょう。

クライアント別平均ツイート数ランキング

順序

クライアント

クライアント単位ユーザ数(初回抽出)

ユーザ単位平均ツイート数
1 かたツイ 3 77
2 Realtime love 1 67
3 幸せをもたらすといわれてる どこかでひっそり咲いている 1 65
4 ぺろったー Perottr 3 53
5 KuroTwi 1 34
6 TweetConsole 1 31
7 TweetCaster for Android 1 26
8 Mobile Web 5 21.2
9 TweetIrcGateway 2 20.5
10 ラーメン大陸 11 18.27
11 Krile2 4 16.5
12 うらがえったー 2 16
13 Tween 136 14.51
14 ツイタマ 30 13.9
15 Twit 6 13.67
16 V2C 2 13.5
17 Twipple for Android 6 13.33
18 モバツイ / www.movatwi.jp 29 13
19 P3:PeraPeraPrv 11 12.18
20 みについ 2 12
21 Janetter 2 11.5

「かたツイ」強い!一人ランキングトップを抱えているにしても平均高いです。あと「ぺろったー」なんかも意外と良いのかもしれません。
そのほかは利用ユーザが少ないのでユーザがすごいのかクライアントがすごいのかちょっとわからないですがつかってみたいですね。
とはいえ、ユーザ数136人の平均にもかかわらず13位にいる「Tween」の安定した強さも見逃せないです。

まとめとか

あえてweb系のランキングをとって一般層に受けるアプリを目指すか、今回のランキング上位を参考に一点突破機能重視で行くか。なにしろ深夜帯で84クライアント(もちろんbot系も含んでますが)ですのでもはやゼロから目立つのが大変そうだなぁという印象です。

それとサンプルデータの偏りも意識したいところです。
今回は深夜帯だったり、一般層向けではない番組だったりで偏った結果かもしれません。
たとえば「名探偵コナン」「仮面ライダーフォーゼ」「ワンピース」「銀魂」「ちはやふる」あたりでやったら結果が大分かわってくるんじゃないでしょうか。取得ハッシュタグを番組固有の「#penguindram」のみにした点も影響してると思います。(「#tbs」などを付加したらもっとwebからが増えたかもしれません。)

この前リリースされたばかりですが、ニフティの「みるぞう」がランキングに入ってきてないことからも、別の結果が出る番組があるのかなーって気がしています。あのアプリはDL数がそこそこあったと思いますので。

なんにせよ、使ってみたいと実感がわかないので、上位に入ったアプリを片っ端から触ってみましょうかね。

生存戦略の次回予定

正直なところ、上の統計データをブログに起こすので面倒すぎてもう2度とやらないかもしれません。
スプレッドシート貼り付けまでにしておけばよかったー。もうぐったり。

0 件のコメント:

コメントを投稿