2011年7月16日土曜日

ICONIA A500の購入感想

先日ICONIA TAB A500を購入しました。
↓これこれ



購入目的は2点
①4.0で本格化しそうなタブレット端末に3.x(Honeycomb)で慣れておきたい
②自作アプリautomatonの実行端末を増やしておきたい


①はまぁそのままの意味ですね。
②の理由としては、automatonは自分が欲しいアプリを作ったつもりでした。
TVをtorneで録画する。見たいときにツイートみながら鑑賞する。
これは実現できてよかったのです。
ただ、
開発・リリースのたびに再インストールが必要に

せっかく取得しておいたDBがリセットされる

開発リリースしたくなくなる。
みたいな状況になってくるとこれはよくないって話になりましたので
やっぱり開発用端末欲しいなーってのが一番の購入動機。
(中華PADが文鎮化しなければ、、、)

あと、この端末で動画とかブラウジングとかはあまり興味がないです。
自炊した本の閲覧はちょっと興味があるかな。
別で自炊セット買ってるのでそれはまた感想したいです。

ということで40000円(ヨドバシ10%ポイントで実質36000円くらい)という低価格での
念願のHoneycomb機を手にいれました。ぱちぱち。

以下はざっと触ってみた感じの感想です。

[ハード]
・大きい
10インチをなめてた。店頭だとあまり思わなかったけれどね。
・液晶
ゴリラガラスで安心。反射激しすぎ。指紋つきすぎ。(これは使用者のせいかw
保護シート必須かな?
・重量
重い。750グラムもあると寝ながら本読むとかはしなさそう。
ASUS EEE PADとiPad2と持ち比べてみたけど、iPadはさすがって感じでした。
EEE PADも若干軽かったけど、あれはキーボードドッグで幅とるのでね。
・電源ボタン
横に置いたときに、左上の脇についてて、スリープ復帰がめんどい。
片手で復帰しずらい。一方の手で固定してもう片方で押す感じ。
Xoomは裏にあるって聞いたからそれよりはマシかな。

・消費電力
ワットチェッカーで計ってみました。
初回充電→15W
充電後操作中→3W
スリープ中→0W
意外と電気代食わない。
15Wを1ヶ月続けられても300円行かないし安心。

[ソフト]
まだほとんど触ってないので気になったことだけ。
・ホーム・戻る・アプリボタン
画面サイズに比べて左下にちょこんとソフトキーで配置されてて押しにくい
・オーバースクロール表示
自作アプリautomatonでListView操作時に、おそらくA500独自の実装でオーバースクロール表示してくれるのだけれど、感圧式画面なみの気持ち悪いアニメーションですごくいや。
(→標準に頼らず、アプリ独自で実装しろよという脅迫と受け取った。)

ホントにさわりだけですね。
また報告したくなったら追加します~

0 件のコメント:

コメントを投稿